ルノー トゥインゴ【Renault Twingo】 「ある時はFF、またある時はRRしかしてその実体は・・・・・」

ルノートゥインゴ
よくお邪魔するお客さんのすぐ近くに“ルノーディーラー”があります。


随分前に後が絶壁のメガーヌを見に寄ったときのこと・・・・

実車は無かったのですが感じのいい対応に満足してカタログをいただき、

さあ帰ろうと145に乗り込み対応していただいた方に挨拶してキーをひねると・・・・・沈黙

汗・・・・・

ボンネットを開け右往左往しているとメカニックの方まで集まってくる事態に。

汗・・・・・・

「みてみましょうか?」

おでこに付いた油汚れも爽やかなメカニックさんが助け舟を出してくださった・・・

慣れないイタリア車に苦戦すること30分エンジン復活。

「メガーヌに焼もちを焼いたんじゃないですか♪」

粋な一言に助けられ店をあとに・・・・・

その後訪れることのなかったルノージャポン。

なんとなく行きにくい。

でも今気になるクルマがある・・・・・・トゥインゴである。

どこのメーカーも燃費競争で躍起になって基本的な部分は先代からの引継ぎでお茶を濁す体たらく。

kirapeさんのチンク、我家のだめビートルと最近リヤエンジン・リヤドライブが気になって気になっての矢先。

トゥインゴはFFからRRに変身・・・・・・・・・・・・見たい。


打ち合わせが早く終ったのでこっそり寄ってみた。緊張。

平日の昼間私意外には黄色のカングーに乗ったご夫婦らしき二人連れのみ。

お二人は新しいカングーを見に来た様子「大きくなったねぇ♪」などと楽しそう。

「ありゃ買うな!」

大きくなったカングーの影に隠れて水色のトゥインゴ。

カングーと比べりゃ小さいが予想以上に恰幅がいい。

こんところの角があるパキパキ折り紙デザインや金歯剥き出しのミニバン比べて丸くRRのおかげか鼻先が短くホッとするデザイン。

【それにしても少し前までCD値がどうとかでガラスとボディの段差無くすのに一生懸命だったのに、

あんなカクカクデザインでいいのかね?!】


さっそく気になっていたエンジンを拝見「どれどれこの下か・・・・」

「いらっしゃいませ♪」

心地よい声・・・

「あっ勝手に見てました」

「いいんですよ。でもエンジンを最初にご覧になるお客さんは初めてですぅ」

「いやなにRRに変わったって聞いたもんだから・・・・・・」

最近とんと若い女性と話す機会がないので・・・・・緊張する。

「RR????」

「RRってのはリヤエンジン・リヤドライブの略で駆動系が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

うんちくスイッチが入ったおっさんの話を頷きながら笑顔で聞いてくれる。

「車にお詳しいんですね。私も受け売りなんですが一つ知ってます。

メカはちんぷんかんぷんなんですがトランスミッションは“ゲトラグ製”だそうです」

ゲトラグ?あの?

調子こいてしゃべっていたら隙だらけの脇腹を一突きされた。


【その昔師匠がスープラに乗ってみたいと言ってた・・・・・

「え~なんでまたスープラなんですか?」

「トランスミッション・ゲトラグ製やぞ!」

あの師匠をしてスープラに乗りたいと言わせたゲトラグである。】


好感のもてるデザイン、RR、内装はポップで今年還暦のおっさんにはちと荷が重いけど、

感じのいい応対+ゲトラグ製トッランスミッション・・・・・・・・。

もう2、3手で王手・・・・・・・・まずい今日はあくまで冷やかしここは最後の手段で逃げ切り・・・・。

「マニュアルがあればなぁ」

「あります♪」

「えっマニュアルあるの?・・・・・・・・・・・」




















スポンサーサイト

ルノー5ターボ【Renauit 5 Turbo】ビルの街にガオー!!!!!!!!

5.jpg
国道258桑名警察署前信号に・・・・・・・・居た!

ルノー5ターボ!

いささか色あせた赤いボディにウーピー・ゴールドバーグのお尻のように張り出した見事なオーバーフェンダー♪

排気量には不似合いなワイドタイヤ♪

これまたぶっとい頭が入りそうなデビルマフラー♪

「まだ乗ってる人いるんだ・・・・・・」

ハイブリットやアイドルストップ車が増えたせいかこのところ信号待ちしていても“静か”

唯一ミニのRC40から吐き出される音が・・・・・・・

「ガオーーーーーーン」

聞こえない。

その昔高性能車信号待ちでのお約束意味のない“空ぶかし”

「いいね♪」

釣られてミニも空ぶかし【いい年して何をやってんだか】

「幸い右車線は空いている信号の変わるタイミングは分かっている、

青になる寸前に横に並んでドライバーの顔を見てやろうフッフッフ」

と思った瞬間・・・・・



サンクターボは猛烈なタイヤスモークを上げて急発進!

「しまった!」

素早くギヤを1速に入れてダッシュ。

ローからセカンドへ見る見るうちに距離は詰りサンクターボを射程に捕らえるミニ・・・・

なんてことはまったくなく、

タイヤの焦げた匂いとデビルマフラーの爆音を残してアッというまに走り去ってしまった。

でも視界から消える寸前軽く手を上げていったような気が・・・・・・・・・













シトロエンDS【Citroen DS】師匠シトロエンにからむ。

DS
「GSじゃった」

「GSじゃったって?何がです。スパイダーズとかテンプターズとか」

「クルマの話じゃ」

「すみません調子に乗りました。お茶のおかわりどうですか?」

例によって突然やってきた冗談の通じない師匠と頂き物の桜餅をつまみながらクルマの話になった・・・・・・

「GSだったんや」

「何がGSだったんですか?」

「わしが昔しばらく乗っていたシトロエンはGSだった」

「へぇ~GSも乗ってたんですね確かCXも乗ってましたよね」

「違う!CXはGSだったんや」

「????????」

こういうことだった・・・師匠が30年ほど前に相棒にしていたのはGSでそれがいつの間にか頭の中で、

CXに変わっていたらしい。

「シトロエンは名前が分かりにくい!」

「自分が勘違いしてたからって怒ってもしょうがないでしょ。

でもプジョーの205やら306やらの方がこんがらがりません?」

「プジョーは買わんからいい」

「そうですかやれやれ。ところで師匠この先もず~と2CVですか?気になるクルマはありませんか?」

「2CVが自分に一番合ってると思う・・・・・が余裕があれば“GS”が欲しいの♪」

「GS?」

「お前も好きじゃろ」

「それDSですよね?」

「わしはさっきからDSと言っとる!」


こりゃシトロエン側の問題じゃないな・・・・・・・







フィアット パンダ4X4【Fiat Panda4X4】こりゃ四駆いるぞ!

panda.jpg
この辺りも一冬に2、3回は雪が積もる。
積もっても次の日にはあっけなく消えてしまう。
何時もなら・・・・・

だが今回の冬将軍は違った。
エッセ
「ここどこよ?」

土曜日の天気予報では「平野部でも積雪の恐れがあります」と言ってたが、
この時期にしては暖かく穏やかだった・・・・・・昼間は。

「雪降るん?」
「さあどうやろテレビでは降るいうてるけど」

夕方になると状況は一変暗くなるのが早い“寒くなった”
湿った雪が降りだす・・・・

「続いて雪情報です。三重県北部では多いところで積雪が35cmを越える恐れも・・・・」

この辺は北部か?
夜半過ぎ外の様子を見てみる・・・・・・・・・・・・・・・

北部だった!

朝起きてみると軽く40cmを越えていた。
大変!

カミさんのエッセ・・・・・・すでに置物。
ミニ スタッドレス装着済み・・・・・・車高が低く論外
頼みの綱は冬装備のネイキッドのみ。
なんとか駐車場から這い出てラッセルしながら作業場に向かう。
スタッドレス装着とはいえ所詮FF40cmはきつい作業場手前で健闘むなしく沈没。
とぼとぼと作業場へスコップを取りに行く雪が深く長靴の中に雪が入ってくる。

「スイス軍御用達4WDはシュタイヤ・プフ製雪道にめっぽう強い!」

「パンダ4X4よかったなぁ」

「あ~足冷たい・・・・・・」










MGAロードスター【MGA Roadster】

mga.jpg
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR