FC2ブログ

ルノー8ゴルディーニ【Renault 8 Gordini】青いクルマのメタボ♪

8_convert_20181022100423.jpg
「よぉ!」

妙にキーの高い聞き覚えのある声と揚げ物の美味そうな匂いに振り駆ると・・・

メタボがいた。

「松岡痩せたか?」

「お前こそ痩せたんとちゃうか?」

学生時分からコイツとは決まってこの会話から始まる♪

「俺2キロ痩せたぞハハハ♪」

ファミチキを口いっぱいに頬張りながら丸い身体を揺らして笑うMは幼馴染でクルマ好き。

「相変わらずアホなクルマ乗っとるか?」

「今はミニや」

「ミニってちっこいやつか昔の?色はやっぱり赤か♪」

「ちっこいやつや。色はガンメタやこの歳で赤もないやろ」

「そうかずっとお前が赤で俺が青やったからな」

「お前まだ青いクルマばっか乗っとるんか?」

「ちょっと前までルノー8乗っとった」

「8か!ええなぁ♪」

「あの青がたまらんくて思い切ってこうたけど(買ったけど)よう守りせんかった・・・」

「最高におもろいクルマやったけどデブにはキツイわ(笑)」

「ミニもデブにはキツイで(笑)」

「せやろな(笑)松岡お前また赤いクルマ乗れよ♪」

「せやな次は赤にするわ」

「絶対やぞ♪これやるわ」

一方的な約束と食べかけのファミチキを押し付けてMは帰っていった。

青いスイフトで・・・

























スポンサーサイト

ビートル【ブレーキをバージョンアップ♪】

R0012926_convert_20180926104231.jpg

「お茶はいったよ・・・・あれ!朝からなんかごそごそやってるから倉庫の雨漏り直してるんかと思ったら、

またクルマいじってる」


「へへ♪ビートルのブレーキをバージョンアップだよ♪」

「なにがバージョンアップや、

バージョンアップをせなあかんのはあんたの頭やに」


「これで高速走行もバッチリ♪ETCもつけたよ」

「ご近所をくるくる回ってるだけやんか田んぼ道にETCはいらんに」

「いやいやそのうちコイツがさっそうと高速道路を走る日がくるんやて」

「ああそうですか、きたない・壊れる・お金がかかるヘレンケラーやん、うちにはサリバン先生いませんから」

「夢がないねぇ」

「あほくさ!いただいた“栗きんとん”全部食べたろ♪」

「あかん!あかんて!・・・・・・・・おい!」



連休を利用してブレーキのバージョンアップを図るも効きに変化なし。

無理をして膝悪化。

とほほ・・・・・・・








怪奇【坂を駆け下りるハスラー】

「ハスラー坂で下がるよ」

それはハスラーを購入して一週間ほどたった11月にしては暖かな昼下がりだった・・・

知り合いのお宅に用事に行って帰ってきたカミさんの一言。

「坂で下がる?どういうこと?」

「だから坂道に駐車すると下がってくって」

「Mさんち駐車場の手前にスロープあるやんか、そこに駐車させてもらったんやけど

用事が済んで外に出てみたら車が下がってるんよ」


「サイドブレーキちゃんと引いた?ギヤはきちっと入れた?」

「誰にいうてんの!」

「40年好きでマニュアルばっか乗り継いてる私にいうか!」


【近い将来車が空を飛ぶようになってもお前のかーちゃんは涼しい顔してマニュアルに乗ってんだろうな♪】
と友達にいわれたことがある・・・


「ごめん確認しただけや、でもMさんとこのスロープそうとう緩いぞ」

「そやでビックリしたんやんかギアはちゃんと入っとった!」

そこで実際にうちの前のスロープでやってみた・・・・

下り方向に駐車エンジンを切りギアはバックに入れサイドブレーキを引く、

フットブレーキから足を離しサイドを恐々下ろす・・・・・

下がらない微動だにしない。

そうだろう箱根の強羅あたりの急坂ならいざしらず、

うちの前のスロープなんか近所の子が三輪車で登りきってしまう程度。

カミさんの勘違いということで一件落着♪

その後も度々カミさんから「ハスラー下がる」の話が出たがなんとなく過ぎていった・・・


お盆休みの前の日曜日ミニをいじっていて膝を痛めた“半月版損傷”だった。

低いミニの乗り降りは無理なので私にはハスラーがあてがわれた。


9月4日本当に台風21号来るんだろうか?いいお天気♪でもコースがよくない!

濡れるとやっかいな部品を雨漏りする車庫から一時ハスラーのトランクに積もうとスロープに止めた。

ハッチを開けると黄色いハスラーが遠ざかっていく・・・

【カミさんもそうだけど肝心なとき役に立たないと困るのでサイドブレーキは最低限しか利かせない】

「えっ?」

ハスラーが軽快に坂を下っていく。

慌てて飛び乗りブレーキをかける。

車はすでに道の真ん中まで出てしまっていた他の車が通らなくてよかった!

ギアはバックに入っていた。

「ハスラー下がるよ♪」

バックミラーを見るとビートルのシートカバーを小脇にかかえたカミさんが笑いながら立っていた。

「かーちゃん疑ってごめん!」


お客様相談センターから連絡がいってディーラーからサービスの方が車を見にきてくれた。

「ギアが入っているのに下がることはないですよ♪」

愛想のいいにこにこ顔のサービスSさん。

「まあ百聞は一見にしかず乗ってみてくだい」

リズミカルに坂を下っていくハスラー♪

Sさんはもう笑ってなかった・・・


メーカーからの回答はまだ無い。

続く












シトロエン2CV【Citroen 2CV】師匠“夏対策”する。その2

2cv_convert_20180804105826.jpg

「暑い!暑い!暑い!」

「師匠やめてくださいよ!よけい暑くなりますよ」

「お前はいい」

「何がいいんですか?」

「汗かきだろ汗をかけば涼しくなる」

「師匠も汗かけばいいじゃないですか」

「わしには汗をかく機能がない」

「・・・・・・・・・・そういえば今も汗かいてませんね」

「カラカラに乾燥してるから汗はかかないんじゃ」

「ミイラか?」



「トップを“すだれ”にするいつもの“夏仕様”でいいんですか?」

「今年は帰郷するつもりだからそれじゃもたん、もうちょっとなんとかしてくれ」


そこで・・・

少しでも熱を反射するように“すだれ”の上面をシルバーに塗装。

「え~なんかかっこ悪い」

「かっこつけてる場合ですか!」

2CVオーナーさんの夏対策を参考にリアハッチの左右に軟質ウレタンを挟んで、

ハンドルとキャッチを紐で結んでハッチを少し開ける。

2CVはリアの窓ガラスがはめ殺しなのでこれで風が抜ける。

ハンドルとシフトノブにタオルを巻く。

耳からも涼を“南部鉄瓶の風鈴”をつける。

そして今回の目玉

R0012870_convert_20180804113516.jpg

針金のフレームにネットが張ってあるシートクッション(?)

よくあるビーズタイプや麻素材よりもシートと体の間に空間ができて風が抜ける。

ランバーサポート機能もあり快適。

メッシュだしすき間が大きいのでそこへ保冷剤をタオルに包んで入れると・・・・・・

「あ~天国♪」

それになんといっても100円



「師匠どうですか?これでかかってこい猛暑ですよ!」

「止まったらどうする?走ってるときはいいが渋滞はどうする?」

「・・・・うちわと根性でしょう心頭滅却すれば・・・・・」



「デミオにする・・・」






「師匠・・・・・」









友遠方より来たる。

このところの東海地方の“暑さ”たるや尋常ではない。

太平洋高気圧に大陸から張り出した高気圧が居座りおまけにフェーン現象まで重なって、

36、37は当たり前40度越えも珍しく無いありさま。

この暑さに慣れたら地獄に落ちても灼熱地獄で涼しい顔して鬼たちに一目置かれるかも・・・




そんな桑名へ・・・

W_convert_20180804091041

オーダーイラストのためWさんが遠路はるばる奥様とご一緒にポルシェを見せに来てくださいました。

【この空の色!雲一つ無い青い空に白いポルシェの映えること♪】


「暑いですね」

「暑いです」

お約束の挨拶のあとまだ多少涼しいうちにと、

いろんな角度からポルシェの写真を撮らせていただき急いで屋内へ退避。

【この日は桑名最高気温39.6度もうアホです!】

原画から完成までの工程、印刷の方法など真摯に聞いていただきありがとうございます。

気持ちこめて描かせていただきます!







プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR