ランチャテーマ8.32【Lancia Theme 8.32】音がいいのは七難隠す

8.32
何年か前に仕事でお付き合いのあるD商会さんへ打ち合わせでお邪魔したときのこと。

D商会さんは自動車販売・修理を生業とされている桑名では老舗の車屋さんです。

その日もD商会さんのお得意先が新車を購入されたので、

社名を車に入れたいがどうしたらいいだろうと相談を受け、

社長とお得意先を交えてADバンを囲んで相談。

二人が話し込んでいる間に写真を撮ろうとカメラをかまえ後に下がると、

目の隅に見慣れないワイン色のセダンが・・・・

「ランチャテーマか」

あまり大振りのセダンに興味がないので気にせず撮影を続けていた。

メモをしようとランチャのトランク置いた手帳に手を伸ばす・・・

「何だこの縁取りは?」

トランクの二回りほど内側に妙な縁取り?

「格納式スポイラー?」

斜めに突き出た2本の排気管?

もしや?

「そのテーマはただのテーマとは違うんだよテーマとは♪」

笑いながら社長が見ている。

そう8.32だった!

【ランチャテーマ8.32】

ジュウジアーロ先生デザインの丹精なセダンにこともあろうにフェラーリ308のエンジンを搭載してしまった!

俗に言う“羊の皮を被った狼”

誰も止めるやつはいなかったのだろうかのセダンである。

8.32だと分かれば話は別仕事そっちのけモード全開。

さっそく近くの後部ドアを開けてみると・・・・・・・

後方視界確保のために倒れていた枕が音も無く立ち上がってきた・・・・・・・・ブラーヴォ!

「トランクのスポイラー運転席のスイッチで操作できるよ」

社長のアドバイスに従いON。

リヤスポイラーが・・・・・・カッカッカッカッガ派手な音を立てて途中で止まってしまった・・・・イタリア万歳♪

本物のアフリカンローズウッドとイタリア高級家具メーカーポルトフラウが仕立てた涙モノのインテリア・・・

確かに涙モノ・・・目が痛い!

室内の皮という皮がひび割れ捲れて見事に同じ色のガムテープで補修されている・・・・・

その手触りたるや乙女の頬のような滑らかを誇ったであろう椅子も、

吸血鬼に襲われたおばさんのごとく汚れしわしわである・・・・・・・

当時諸経費を足せば軽く1000万を越える超高級車である。

屋根つきのガレージにて保管。

使うのは夜のパーティーに限定と取扱説明書に明記してあるはず。

なのに青空駐車だったのか・・・・・・・・。

「乗ってきていいよ。早いよ♪」

「え~このガムテープ地獄をですか?」

「いいからいいからエンジンかけて」

「フワーンンンンン」

工場内に鳴り響くえも言えぬいい音♪

そうかフェラーリのエンジンか・・・・・・



ガムテープ地獄に乗り込みドライなタッチのクラッチを踏み込みギヤを入れ道路へ・・・・

高級セダンなのにマニュアルってとこがイタリアだなと思いながら前があいたので深くアクセルを踏み込んでみる・・・

「フフォア~アアアアアア~ンンンン」

いい音♪

走り出したら社長が・・・・「松岡さ~ん25万でいいよ~」って



内装はガムテープ地獄。

塗装は既に死んでいる。

美味しい時期はとっくに過ぎたタイヤ。

見るも無残なシート。

動かないメーター。

出るのかで無いのかどっちなんだの中途半端スポイラー。

妙にべたつくハンドル・・・・・・

「25万?いらんよこんな・・・・・フォア~ア~~~ン♪」


「買おうかな・・・・」

“音がいいのは七難隠す”









「そういや社長8.32はどうなりました?」

「まだあるよ」

「え!まだあるんですか?」

「第二駐車場に置いてあるよ」

見てこよう・・・・・

R0012449.jpg

つわものどもがゆめのあと・・・・・・




「25万でいいよ♪」





















スポンサーサイト

フィアット126【Fiat126】王道を外すのもクルマ趣味『イタリア編』

『王道を外すのもクルマ趣味イタリア編』

「イタリア車と聞いて思い浮かぶクルマは?師匠聞いてます?」

「フェラーリ」

「確かにイタリアを代表するスポーツカーですよね他には?」

「ランボルギーニ、マセラティ」

「あんたはスーパーカー世代か!」

「スーパーカーという言い方は嫌いじゃ」

「そうですね素晴らしいクルマがなんだか安っぽく聞こえますよね」

「そうじゃなくて小さくて人気のほらあるでしょ?」

「チンク?」

「空冷2気筒RR可愛いスタイルで日本でも人気者。でもそれ王道でしょ」

「チンクもいいですけどもう少し新しく四角いライトで憎めない表情のほら」

「パンダ」

「そっちに行ったか。ジウジアーロ先生デザインの今や名車の誉れ高いパンダ。4X4なんかスイス軍御用達ですからね」

「すでに初期型なんかコレクターズアイテムらしいですよ」

「ほらポーランドでも生産してて・・・」

「158」

「えっ158ポーランドで作ってたんですか?知らんかった」

「ええっとじゃ・・・・・・」




「おい見てみろあんな壺が200万円だぞ!!!!!」

「えっ壺が200万円!」

「なんでも鑑定団ばっか見てないで少しは話聞いてくださいよ・・・・・」


「じゃもう正解言いますよ。126でした♪」

126.jpg
「ヌオーヴァ500の後継車。
丸いチンクから四角くモダンなスタイルに、でもイタリアンスモールカー独特の可愛さやしゃれっ気は健在。
リヤもお約束のダーと垂れたお尻。
人気者の長女と末っ子に挟まれた素直な次女ってかんじの126」

「どうです師匠『王道外しクルマ趣味』にはピッタリでしょ♪」




「わしは・・・チンクがええ」



「・・・・・・・・・・・・・師匠

コルベット スティングレイ C2【Corvette Stingray C2】将来の夢は“スパイ”

corvette c2


小学生時代大変な“怪獣ブーム”でゴジラやガメラ、ラドンにモスラ巨大怪獣が街を次々に破壊するのを私ワクワクしながら見ていました。

でもそれとは別に“ませたガキ仲間”のあいだで秘密裏に盛り上がるブームがありました・・・・・・

それはスパイ。

なんと甘味な響き・・・・

かっこいい車に乗り美女をはべらせ悪い奴らを涼しい顔で千切っては投げ千切っては投げ♪

Gちゃんとこっそり桑名キネマに見に行った【007ロシアより愛をこめて】 「小学生が見に行く映画じゃないな」

ダニエラ・ビアンキの美しさにボ~とし、アストンマーチンDB5のかっこよさにすっかりやられ。

エンピツをピストルに見立てて頬にあててみたりサインペンで胸毛を書いて見たり・・・「スパイにはぜんぜん関係ない」

あげく【(将来の夢】がテーマの作文に「将来の夢はスパイ」と書いて呼び出しを食うはめに。

【同じバカがクラスにあと二人いた♪】

怪獣とスパイが頭の中で場所取り合戦をしている毎日・・・「おいおい勉強のスペースは?」


そもそもスパイに興味が出たのはテレビで放送していた“スパイキャッチャーJ3”

川津祐介扮さんする主人公の壇俊介が乗るコルベット スティングレイC2がかっこいい。

初めて見るリトラクタブルライトに

「この車顔が無いやん・・・かっこいい!」と思ったもんです。

しかもこのコルベット空を飛ぶし、海にも潜る♪

単純なことでは人語に落ちない私の頭にスパイとコルベットの文字が焼きつけられたのでした。

あ~コルベット♪



しかし夢のクルマは007映画を見た後あっけなくアストンマーチンに変わるのでした・・・・・。

ビートルでクルマ好き訪問

kirape.jpg
ビートルを手に入れ初めてのドライブ・・・・・(カメラが壊れて紹介が遅くなってしまいましたこれは6月のお話です)

小汚いビートルに手を突きポーズを決めるは敬愛申し上げておりますkirapeさん。

普段からFIATO500をコツコツと本当にコツコツとレストアしてみえます。

奥に見えるのが塗装の終わったアイボリーのボディと、

その左に火入れ式も済みボディに搭載されるのを今か今かと武者震いしながら待つエンジン。

イタリアの洒落たセンスと日本人特有の丁寧な仕事の融合で新車以上のチンクが出来上がるのではと期待しています。

この日は雨の中二人でビートルを交互に運転して空冷リヤエンジン車の良さを再確認しクルマ談義に花を咲かせるのでした。


その後のビートルはといえばブレーキやらサスペンションやらオイルだだ漏れやらで、

今はエンジンを下ろしサスペンションもブレーキも分解・・・・

あとはプレスして・・・

あっ!いやレストア中・・・・?


kirapeさんガンバッテ!



ビートルのエンジンをばらしてみたらなぜかフライホイールが軽量化されていた・・・・

以前のオーナーに一言・・・・

「ほかにやることあるだろ!」





オペル マンタ【Oper Manta】 マンタの教え

manta.jpg
「どうや?うまいやろ!」

師匠持参の“特製墨入りイカの塩辛”を肴にドブロクを煽る恒例の「休日前昼間っから二人きり大宴会」が始まった。

「この塩辛はだな・・・・」

塩辛のうんちくはもうすでに1時間を越えている。

「へぇ~」

適当に酔いもまわり生返事をしながら師匠が乗ってきた2代目デミオの細いテールランプを気もなく眺めていたら・・・・

「おまえのクルマ選びの基準はなんだ?」

趣味は多岐にわたり深く浅くその情報量は莫大で、

特にクルマのうんちくを語らせたら右に出る者がいないとまで言われた我が師匠。

でも不思議なもので師匠とクルマの話で盛り上がることがあまり無い。

「基準ですか?」

そろそろ胃に重いものを感じながら聞き返すと・・・

「中途半端のかっこよさが分かるか?」

「おまえドイツ車なら4メーカーどこがいい?」

「ポルシェでしょ!」

「青いな!オペルを選ぶべきだ」

「オペルですか?アストラとか?」

「マンタ!」

「マンタ?たしか当時フォードカプリの対抗馬ですよねカプリの方がいいな」

「色は何色がいい?」

「クルマが印象薄いのでここはばちっと黒ですね」

「薄いブルー♪」

「また中途半端ですね」

「クルマ好きならBMWやポルシェに目がいくところをVWでもなくオペルそれもクーペとはいえマイナーなマンタ、
色もこだわりの地味なライトブルー」

「クルマ趣味人気のある車種目立つ色を選ぶのは王道じゃが敢えてこれを外して楽しむのもクルマ趣味」

「それに世界に星の数ほど車あれど魚の名前がついているのはバラクーダとコルベットスティングレーとマンタぐらいだし」

「いささか地味なこの手のクルマにしれっと乗れれば一人前じゃ」

「・・・・・・」



「帰る!カミさんに迎えに来てもらう。車は明日取りに来る」

程なくして奥さんが迎えに来て師匠は助手席で子供のように手を振りながら帰っていった。


「王道を外すのも車趣味、地味なクルマをしれっと乗れれば一人前」

「深いなぁ~」





後日談/師匠の奥さんから聞いた話

師匠は昔ライトブルーのマンタに乗っていたそうで買ったあとも・・・・

「あ~黒にしとけばよかった~」

ずっと後悔していたそうです。


「師匠・・・・・・・・・・」





プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR