FC2ブログ

BMW2000CS

2000cs_convert_20190711115416.jpg
スポンサーサイト

Triumph TR3【トライアンフ TR3】

tr3_convert_20190617083440.jpg

見覚えのある赤い袋から出てきた見覚えのないハンドル???

_convert_20190605102344.jpg
仕事が暇になると今日も倉庫をゴソゴソ・・・

「ちらかさんといてよ!片付けたばっかなんやで!」

「ハイハイ♪あれこの袋?」

倉庫の隅っこに立てかけてあった赤い袋・・・

それは額を傷つけずに運べるようにカミさんが何年も前に作ってくれたキルティングの袋。

出てきたのは古いハンドル。

「お~いこれ知っとる?」

「何? アルファロメオのマークが着いとるからアルファロメオのハンドルでしょ」

「いやそうやなくて誰のかなって」

「そんなん私が知っとるわけないやん!ハイ終わり!しまって、しまって」


調べてみたらアルフェッタ2000のハンドルのようだ・・・

誰の?

私はアルフェッタを愛車したことがないし友達にも乗っていた記憶がない。

可能性があるとしたらありとあらゆるクルマに乗ってきたイオタですら足にしていた“Sちゃん”か・・・



「久しぶり♪元気か?」

「お~のぶちゃん久しぶり!元気!元気!」

「何しとった?」

「何ってクルマいじり以外ワシに何があるんや♪」

「あのさ、家の倉庫からアルフェッタのハンドルが出てきたんやけどSちゃんのか?」

「たしかに昔乗っとったけどのぶちゃんと“お付き合い”させてもらうずっと前や♪」

「お付き合いって言うのやめ!気持ち悪!知らん人が聞いたら変な関係やと思うやろ!」

「オイなんとか言え」

「葉巻のええの入ったで燻らせにおいで♪」

「話聞いとる?」

「アルフェッタやろ?手放すときはノーマルハンドル着けて出した覚えがあるよってワシのとちゃうで」

「そうか・・・誰のやろ」

「誰のでもええやん♪」

「ええことあらへん気持ち悪いやんか」



「誰のやろ・・・」

一生懸命思い出そうとしていたらカミさんが来て言った。

「そのハンドル明日もそこにあったら確実に捨てるでね!」

正体の分からないハンドルの運命は決まったようだ・・・








ミニ マフラー交換

rc40_convert_20190531100617.jpg

「グワワァ~ン♪」

「あ~いい音♪」くらいに思っていたのだが、

ある日を境にミニの方が暗黒大王(ビートル)よりも喧しいクルマになってしまった・・・



最近は次男がほぼ毎日通勤に使っているミニ。

ビートルの騒音でご近所に気兼ねしているのか出来るだけ音が響かないように出入りしていたのに・・・

その日は仕事の都合で帰りが深夜になってしまったうえ、

彼は一刻も早く家にたどり着かなければならない退っ引きならぬ事情があった・・・

「ゴワワワ~ンン!」


「どこのアホや!こんな夜中にえらい音させて」

カミさんが遅まきながらはまっている韓流ドラマを見ながら怒っていると・・・

「バッターン」

何者かが目にも見えないスピードで通り過ぎトイレに走り込んだ・・・

「うわ!びっくりした!今の誰や?」

しばらくすると・・・


「危なかった!危機一髪ちゅーやつや♪」


次男が額の汗を光らせながら出てきて言った。

「マフラー変えなあかんわ穴開いてもた♪」

「嬉しそうに言うな無茶な加速するでやわ」

「大人しく走っとったらシートも交換やったな。いや廃車かもへへへ」


で、マフラー交換と相成りました。


「アホ!」














アルファロメオ159【Aifa Romeo 159】

159_convert_20190522101834
すぐ近くを23号線が通っています。

この当たりでは一番交通量の多い名古屋から四日市・津に抜ける大動脈。

それだけに些細なことですぐ渋滞する。

その日も朝から何かあったようでまったく流れる気配なし。

すると辛抱たまらんようになった他府県ナンバーが脇道にどっと溢れる。

すれ違いもままならない狭い家の前の道に車・車・車・車・車・車・車・車・車・車・車・車・車

あ~ぁ

「こりゃクルマ出ぇへんわ」

「ちょうどええわ。お風呂洗って♪」

「えっ仕事は?」

「どうせ動けんのやろお天気いいし。お風呂洗って換気扇洗ってお休み~♪」

「やれやれ・・・」

歩いて近くのホームセンターへ“カビキラーとブラシ”を買いに行く・・・

帰ってきたら行く前に止まっていた黒い159がまだ家の前にいた。

ばつが悪そうなドライバー。

年の頃なら40後半髪は短く刈り上げグレーのスーツにボストンスタイルのメガネ。

こっちも決まりが悪いので軽く会釈。

ドラバーの顔が右に、視線の先にはご近所の“天敵”我家のミニとビートルが・・・

「あなたのクルマ?」

「そうです」

目で会話。

口元がほころぶドライバー。

話しかけようと思ったとたんカミさんが・・・

「カビキラーあった?」

「あったよ」

車列が動きだした。

タイミングを逃がし会話することもなく走り去っていくマニュアルの黒い159・・・

【あ~クルマの話ししたかったなぁ159かっこいいな】



「いまさぁ家の前にアルファロメオがとまっててさぁそれでさ・・・」

「そんなんいいからお昼までに終わってよ」





「はいはい・・・・・・・」













プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR