VWビートル【VW TypeⅠ】ボロは着てても心は錦

IMG_0254_convert_20180123101049.jpg
「闇夜引き裂く怪しい悲鳴♪」

我家の“暗黒将軍“を夜起こそうものなら安眠妨害で即通報間違いなし。

といことで昼間仕事をさぼってエンジンに火を入れてみました♪

明日から暗黒将軍ならぬ冬将軍到来の噂。

雪が積もって移動不可能になる前にちょっとドライブ♪

【といっても近所をグルグル回るだけですが】

ドッドッドッドッドッドッッッドッ

外は相変わらずボロボロですが“心は錦”エンジンは新品!

中央に鎮座ましますウエーバーキャブの吸気音と、

ノーマル形状の皮を被った食わせ物マフラーの爆音とが合わさって身体に直接エンジンの波動が伝わってくる・・・

鼻とつくモルト100%の濃い排気ガス・・・

「あ~気持ちいい♪」

有害な排気ガスをたっぷり味わいアクセルを煽る。

ドッグワァンンンンンンン

【ご近所の皆さんごめんなさい】



こりゃ昼間でも通報ありかも・・・・・
スポンサーサイト

暗黒将軍帰る【ご近所の平穏な日々終わる】

ビートル_convert_20171227100817
どんよりした空を背負い雪を引き連れて我家の【暗黒将軍】が帰ってきた。

半年以上駐車場から姿を消していたのでご近所では・・・

「廃車したな!やれやれ」

と、胸をそっと撫で下ろすしていたはず・・・

ところがどっこい

帰ってきた。

当初の予定では「走りゃいいや」のつもりが、

あそこがだめ、ここがだめ、じゃいっそエンジンやるか♪でオーバーホール。

バルブ、ピストン、コンロッド、カムシャフト・・・結局全部新品で組みなおし。

どうせならとピストンはマーレーにして排気量もちょっぴりアップ♪

ええ~いハイカム入れてキャブはウェーバーじゃ・・・

「誰かとめてくれ~」

せめてご近所にすこぶる評判の悪いクワイエットのマフラーはノーマル形状の静かなタイプに変更してみたが・・・

これがまったくの食わせ物で、

クワエットのときがハイブリット車に思えるほどの爆音

というわけでマフラーに大きな穴が開いたミニと暗黒将軍の爆音2台体制になりました・・・

「ご近所の皆さんごめんなさい!」





ミニ帰還

R0012632_convert_20171025093811.jpg

長い長い代車生活にも慣れすっかりMOCOが板に付いた次男から・・・

「オレMOCOでいいかも・・・・・」

なんて話が出る台風21号接近前。

やっとミニが帰ってきた。

3ヶ月前なんとも痛々しい状態だった左側面も綺麗に完治。

【結局ドアのいいのが見つからず板金していただきました。ミニのドアは鉄板は厚く硬く大変だったそうです。】

神戸製鋼製でなくてよかった♪

気になっていた左右ドアのチリも合わせていただいた【前はドアを閉めても下から指が入った(汗)】

主治医は・・・・

「よくドアの下に水が溜まって錆びるから水抜きになっていいんじゃないの♪」と言っていたけど・・・

「あっそれ半ドアですよ」

と、信号で隣の車から親切に教えていただくことも度々。

「あっありがとうございます」笑顔で返す私。

人の優しさに心が熱くなり思わず・・・・・・・・

「わかっとるわい!こんでちゃんと閉まっとるんじゃ」

なんてつぶやくことも無くなる。


ミニが帰ってきた嬉しい・・・・・・・・・・・・・・・

劣化著しい樹脂のオーバーフェンダーも取ってタイヤも新品・・・・・・・・

でもなんだかもの足りないのはなんでかなぁ。







天災は覚えていてもやってくる。

いつものように、いつもの時間に仕事をするべく実家の細い道を入っていくと。

突然左から青い何かが・・

「ドッカ~ン」

父親の車だった。

よりによって今日はミニ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・最悪!

雨も上がり久しぶりにミニに乗ってきたらこれである。

「後を観てバックせんか!」

「お前がそんなとこにおるのが悪いわ」

父親に車を駄目にされたのはこれが始めてではない。

巷が四駆ブームの頃大きな声では言えないが我家も四駆に乗っていた。



爽やかな日曜の朝♪鳥のさえずり♪



そのとき鳴り響く轟音!

外に出てみると、

車庫が大破していた。

子供達お気に入りの四駆は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オープンカーになっていた。

シャッターを開けきらずバックしたためキャリーごと屋根をむしり取ってしまった。

床には急発進したらしいタイヤ跡が黒々と・・・・・・・・

犯人は速やかに逃走。

四駆は廃車「とほほ」


しげしげと自分の車だけチェックしてこちらには目もくれず行こうとする。

「オイ!待てどこへいくんや!」

「俺か?俺はこれからありがたいお経をいただきに天塾まで行かなあかんのや」

ゴルフに行った。

遠ざかる青い車の後姿を見ながら怒りが少しづつ殺意に変わっていくのを感じていた。R0012570_convert_20170701101559.jpg


「あ~やっちゃいましたね。大したことないように見えてこういうのが一番やっかいなんですよ」

「やっかい・・・・・・・・・・・・・・・・ですか?」

「後のフェンダーもいってますし、よく見ると前のフェンダーも押してますね、

なによりドアがボディに入り込んじゃってますからボディをひっぱらないと・・・センターピラーも曲がってますし・・・・・・」



見積りが出た

214,874円

「オヤジ!」



ビートルがやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!

ひょんなことからうちにビートルがやって来た!

「ビートル誰か買ってくれる人おらんやろか?」

それは仕事でお付き合いのある洋品店の社長さんからの一本の電話から始まった・・・・

社長さんは古いボルボやアルファスッドなどなど乗り継ぐ根っからのクルマ好きで、

特にビートルは大好物。

他のやっかいなクルマと平行していつももビートルがガレージに収まっていた。

でも変なものでしばらくすると・・・・

「もうビートルはええわ(笑い)」

と手放してしまう。

それがまたしばらくするとガレージに別のビートルが・・・・

「これ大阪で見つけてきたんやスポルトマチックいうてな・・・・・」

完全に病気である。

この日も過去に幾度と無く聞いた「もうええわ」コール。

出た!またか!

真剣に聞いていたら持たないのでてきとうにあしらっていると・・・

「松ちゃんマジ!マジ!本当に誰か探してよぉ」

「どうせ又ビートル買うんでしょ今のに乗ってればいいじゃないですか」

「店の改装でお金がいるんや少しでも足しにしたいよって頼むわ!」

「・・・・・・・・・しゃーないな」

といことで若かりしころビートルを転がしていたのが忘れられず、

いつもビートルビートルと呪文のように唱えているHに聞いてみた・・・

「ビートルの出物があるんやけど、どう?」

「程度は?値段は?」

「そこそこやけど調子はいいみたいそれに安くする言ってたで」

「実物を見んことにはなぁ」

そこで3月最後の日曜日うちでお見合いと相成りました。

「色がなぁ・・・昔乗ってたのは黄色でビートルは派手な色がええんやけどなぁ」

実車を目にしたHはもう一つのようで・・・・

「そうかそらしゃーないな」

気まずくなりかかったその時

「俺買うわ!」

うちの次男坊から声が・・・・・

「え~お前そんな趣味あるんかいな?」

ビートル1
ビートル2
ビートル3
ビートル4
ビートル5
「ビートル買ったわ!」誰も信じてくれなかったその日はちょうど4月1日。
1974年式
色 チャコールグレー?
アイロンテール♪

ささやかな問題あれこれ・・・
左にハンドルを取られる。
オイルだだ漏れ。
ブレーキオイルもだだ漏れ。
床が腐って落ちそう。
ブレーキがフロントの右意外死んでる。
タイヤは新しいがすでにひび割れてる。
前のタイヤと後のタイヤの巾が違う前165後195.。
車高が低すぎて駐車場に入らない。
とんでもない爆音。
フロントのウインカーが無い?。
車内からは確認できないくらいライトが暗い。
なぜかダッシュボードにNISMOのバッチ(なぜにNISMO?)
まっええか♪
あとは野となれ山となれ
プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR