FC2ブログ

BMW2000CS

2000cs_convert_20190711115416.jpg
スポンサーサイト

Triumph TR3【トライアンフ TR3】

tr3_convert_20190617083440.jpg

アルファロメオ159【Aifa Romeo 159】

159_convert_20190522101834
すぐ近くを23号線が通っています。

この当たりでは一番交通量の多い名古屋から四日市・津に抜ける大動脈。

それだけに些細なことですぐ渋滞する。

その日も朝から何かあったようでまったく流れる気配なし。

すると辛抱たまらんようになった他府県ナンバーが脇道にどっと溢れる。

すれ違いもままならない狭い家の前の道に車・車・車・車・車・車・車・車・車・車・車・車・車

あ~ぁ

「こりゃクルマ出ぇへんわ」

「ちょうどええわ。お風呂洗って♪」

「えっ仕事は?」

「どうせ動けんのやろお天気いいし。お風呂洗って換気扇洗ってお休み~♪」

「やれやれ・・・」

歩いて近くのホームセンターへ“カビキラーとブラシ”を買いに行く・・・

帰ってきたら行く前に止まっていた黒い159がまだ家の前にいた。

ばつが悪そうなドライバー。

年の頃なら40後半髪は短く刈り上げグレーのスーツにボストンスタイルのメガネ。

こっちも決まりが悪いので軽く会釈。

ドラバーの顔が右に、視線の先にはご近所の“天敵”我家のミニとビートルが・・・

「あなたのクルマ?」

「そうです」

目で会話。

口元がほころぶドライバー。

話しかけようと思ったとたんカミさんが・・・

「カビキラーあった?」

「あったよ」

車列が動きだした。

タイミングを逃がし会話することもなく走り去っていくマニュアルの黒い159・・・

【あ~クルマの話ししたかったなぁ159かっこいいな】



「いまさぁ家の前にアルファロメオがとまっててさぁそれでさ・・・」

「そんなんいいからお昼までに終わってよ」





「はいはい・・・・・・・」













シトロエン2CV【Citroen 2CV】駄目なくらいが丁度いい♪

2cv_convert_20190426102212.jpg
「師匠やっと鼻が楽になってきました♪」

「そうかよかったな。ところで最近クルマの話が出んな?」

「花粉のシーズンは脳みそが鼻水と一緒に流れ出て頭の中カラッポです。
それに膝を悪してハスラーに乗るようになってからなんだかクルマに興味が無くなっていくような・・・」

「ハスラーになんか問題あるんか?」

「いやその逆でコレといった不満もないですが、といって取り立てて言うほどのことも無く・・・
カタチも嫌いじゃないですし、軽にしてはマニュアルってこともあってまあまあ走りますし、
私が言うと笑われるかもですが燃費もいいし。うわ言うてもた♪」

「つまり可もなく不可もなく腹八分目ということか」

「ストレスが無い代わり刺激もないから眠くなります。そら衝突防止装置いりますわ」

「クルマがよーなったばっかりに興味も無くなって居眠りか・・・皮肉な話しやな。」

「2CVは眠くなりませんもんね」

「あれで居眠りしようもんなら目が覚めたときには六文握って川岸に立っとることになるな」

「そういえばもう長いですけど2CVの好きなところ聞いてなかったですね」

「だめなところばっかやけど古女房と同じや、
顔見るだけで腹が立つけどワシが面倒みてやらんとな」


「私には師匠が奥さんと2CVの手の平の上で転がさせてるように見えますけど」

「それにクルマも女の子もちょっと駄目のほうが可愛いと思わんか?」

「思います!」

















Alpine A110【アルピーヌA110】死ぬまでマニュアル

a110_convert_20190214104356.jpg
その日も例によって突然現れた師匠と師匠持参の缶コーヒーを飲みながら車談義に花を咲かせていた・・・

テレビには89年中嶋選手が土砂降りのオーストラリアグランプリで3位のパトレーゼを猛追するシーンが流れていた。

師匠のリクエストで「面白かったころのF1が見たい」

の一言で長い間押入れに突っ込んであった“ビデオデッキ“を引っ張り出す破目に・・・


「懐かしいですね雨で周回数が減らされなかったら絶対前のパトレーゼ抜いてましたよね!」

ところが肝心の主様といえば目の前で展開されるバトルには関心がないようで・・・

「師匠見ないんですか?ホコリ取るのに掃除機までかけたのに」

「今欲しいクルマがあるんや」

「出た!」

「今度はなんですか?一時四駆にご執心だったからジープとか?」

「A110や」

「アルピーヌA110? RRのトラクションを生かして鈴鹿スカイラインでも攻めるつもりですか」

「今度はミッドや」

「今度って?新型!」

「出たやろ あれがええ ただ問題ありじゃ」

「高いですもんね」

「金はどうでもなる・・・残念なことにマニュアルが無い」


師匠曰く・・・

長年マニュアル車に乗り乗り続けた者が(40年以上)クラッチ操作の無いオートマチック車に乗り換えると、

左足に十分な血液が行き渡らずやがて左足が“壊死”してしまい、

最悪の場合マニュアル車に乗れなくなってしまうという・・・


「だから涙を飲んで諦めたんじゃ 言っとくが金はなんとかなる!」

「はいはい♪」














プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR