VWタイプⅢ

タイプⅢ縮小
ワークスといえばシトロエンとフォードのみ。

あとはプライベーターが少々のいささかの寂しい展開だったWRCにワークスミニが戻ってきた!

1960年代雪のモンテカルロを疾走した伝統のチーム参戦で大いに盛り上がったWRC。

ところが2012年でミニワークス活動撤退!

「早!!!!!!!!。」

“石の上にも三年”ってことわざ知らないんだろうなぁ。

歴史あるチームが鳴り物入りで参戦したからにゃもうちっと頑張ってもらいたいもんです。

(プロドライブがプライベートチームのサポートを続けていくそうです)

フォードもワークス活動終了。

シトロエンだけ???????

そこへ「VWがWRC参戦!」

といっても“タイプⅢ”じゃなくて”ポロ R WRC"ですが。

しかも第2戦スェーデンで初優勝!

セバスチャン オジェ えらい!

でもまた2チームの戦いにもどっちゃった。

すっかり草食系になってしまった国産メーカー内弁慶になってませんか?

エコも結構だけどこの辺でボチボチWRCに打って出てもいいんじゃない。
スポンサーサイト

いよいよ

花粉縮小
「松ちゃん、いよいよやね!」

「どう、今の気持ち?」

「とうとうきたね!」

合否発表前の学生か、初土俵を明日に控えた力士のように皆に聞かれ・・・・・・。

冬将軍も北に帰り暖かな風と共に今年もやってきました。

花粉の季節

暑くも無く、寒くも無い一年で一番過ごしやすい春。

自他共に認めるスーパー花粉症の私は

本来一番快適なこの時期が一番嫌いです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

鼻が出る

鼻が詰まる

くしゃみが止まらない

目がかゆい

のどが痛い

口が渇く

頭がボーとする

夜寝られない

首から上で考えられる不快なこと全てがいっぺんにやってきます。

2月の中ごろからゴールデンウイーク始まりまで、

約2ヶ月半にもおよぶ長い戦いの火蓋が切って落とされようとしています。

早めに耳鼻科にも行ってきました・・・・すると先生が、

「おう来たか。いやぁ~うちにはこの時期沢山患者さんがくるけど、

いつもあんたひどいよなぁ あんたが一番や!

小さいころから足が遅くて運動会でもドベばっかでしたから一番になりたかった。

こんなかたちで夢が叶うとは・・・・・。

「花粉症になってみたいわ!」

な~んて花粉症の辛さも知らずに明るくのたまう方も時々みえます。

そこのあなた悪いことは言いません、

一刻も早く悔い改めて天に召されてしまいなさい。




アラン・プロスト

アランプロスト縮小
2月24日はF1ドライバーアラン・プロストの誕生日です。

日本ではアイルトン・セナの好敵手(地元フランスでは逆でしょうけど)。

プロフェッサーの異名でちょっとしつこいキャラクター演じてました。

当時セナの人気は絶大でセナプロ対決でもどちらかといえば、

悪役的存在でした。

猪突猛進タイプのナイジェル・マンセルを応援してたんですが・・・。


「鉄人28号よりフランケン・シュタイナー博士のブラックオックスだろ。

電磁エンドのキカイダーよりギロチン落しのハカイダーだって。

大鷲の健なんかよりコンドルのジョーいやいっそベルク・カッツェだろ。」
と、言えなかった子供のころ。


どうも昔から悪者タイプに惹かれるものがありまして。

友達の手前口では鉄人を応援しながら

リモコン取られたらコロッと敵に寝返る鉄人がブラックオックスにボコボコにやられるのを

密かに心待ちしていたへそ曲がりでしたからプロストはこっそり応援してました。

好きで悪役やってた訳でもないでしょうけどキャラクターの違いで同じコメントを口にしても、

セナは無邪気こちらはワガママにとられてしまう何だか損な役周り。

ただ展開としては適役が強ければ強いほうが面白いわけで、

あれほどの成績を残したシューマッハがいま一つ印象に薄いのは、

がっぷり四つに組めるライバルの不在が大きかったのではなかろうか。

(ヒルじゃインパクトないし、ジャックは燃えるものが無いし、ハッキネンはどっか違うとこ見てるし)

その点セナは恵まれてました自由奔放なピケは現役だし、破天荒なマンセルは上り調子だし。

無駄の無いハンドル操作、タイヤをいたわるライン取り、

ここが勝負となればライバルを簡単に置き去りに出来るテクニック。

ボスキャラのプロストを倒さないかぎりチャンピオンは見えてきません。

ただ私には冷静で狡猾なプロストですがポディウムに立っているときも何だか寂しそうに見えて・・・・。

引退しTV解説をしていたプロストに向かって

「アラン君がいなくて寂しいよ」
セナがコックピットから最後のメッセージ。

いいライバルだっんだろうな。

なんでもシートを降りてからから6500人もの子供達をユーロディズニーに招待したとか。

「何だいいやつじゃん!」

そうなんですベルク・カッツェや阿修羅男爵が現役を退いたってそんなことしませんよ。

絶対。












プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR