スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スバル360【てんとう虫の思い出】

subaru360.jpg
小学校の低学年の頃、大の車好き少年の私と同じ趣味で気の合うG君は時間があれば車を見に出かけていた。

今ならわざわざ車を見に行くくらいだから余程珍しいスポーツカーか、

高級輸入車だろうと思うかもしれませんが、獲物は普通の車。

というか自家用車それ自体が特別の時代。

でもさすがにご近所のコロナやブルーバードは総なめにしてしまったので、

休みの日は足を伸ばして(と言っても移動手段は自転車)隣町まで・・・。

遠出の時は必ずMちゃんも誘った。

Mちゃんの兄ちゃんが自家用車を持っているので、

ゴマを擂って乗せていただくための作戦。

「なあMちゃん♪またスバル乗せてくれへん!兄ちゃんにたのんどいてよぉ♪」

我家にマイカーの“パブリカ”がやってくるのは5年後のこと。

G君家に“サニー”が納車されるのに4年の歳月が必要。

つまり今車に乗れるチャンスは夜突然熱を出してブルーバード310か410のタクシーに乗るときか、

Mちゃんの歳の離れたお兄ちゃんのスバル360に乗せてもらうしかない訳で。

ただし前者の場合尻にデカイ注射のオマケ付き!

いま思うと小学生なんか乗せてドライブなんかさぞ最悪だったろう。

でもMちゃんの兄ちゃんはいったって気のいい人で、

休みになるとよく僕達3人を“てんとう虫”に乗せていろんな所へ連れて行ってくれた・・・

小学生から見てもそれほど広くない車内に乗り込みガラスに顔を押し付けて、

過ぎていく景色を同じ後部座席のG君とウットリ眺めていた・・・。

時折漂ってくる排気ガスの匂い、お兄ちゃんの吸うタバコの匂い・・・

ラジオから流れる流行歌・・・

ゆったりと上下に左右に揺れる小さなクルマ・・・

パタパタと聞こえてくる優しいエンジン音・・・

至福にひと時・・・・・。

「おい、降りろ」

「この坂は4人乗りじゃ無理や。2人降りな」

私とG君を坂の下に残し、

360cc空冷直列2気筒、16馬力非力なてんとう虫。

2スト特有の白い排気ガスを吐きながら坂を上っていく・・・

オイルの匂い、かわいい後姿、いい天気・・・横でブウブウ言ってるG君。

てんとう虫の思い出は・・・

オイルの匂いと2ストのエンジン音、それと親切なMちゃんのお兄ちゃん。






スポンサーサイト

F1の音についてもう少し考えてみる【フェラーリ126CK】

126ck.jpg
今年のF1について自称“F1通”のFに録画を見ながら話を振ってみた。

「面白くないので最近見てないなぁ」

「音変わったねぇ、音のせいかスピード感無いな」


「V6で1500ccでターボやからね」

「1500か・・・」

「たしか1977年ルノーが最初に持ち込んだエンジンが今年と同じ仕様のはずやけど」


「おっ!さすがF1通」

「最初は賛否両論あったみたいやけど結局なんのかんの言ってもターボは早いんで、

4年送れてフェラーリも126CK出すんやな」


「そん時音の話出たんやろか?」

「アホな!ジル・ヴィルヌーブがハンドル握っとたんやで、

カーブでターボが急に効きだしてリアタイヤがドカーンと滑るのをフルカウンターで抜けていくんや」


「誰も音のことなんか気にならんちゅうことか」

「今と違ってワクワクする要素が他にいっぱいあったからやろな」

「今はレースそのものが退屈になってしもたから音が気になるんかもしれんな」

「バーニー・エクレストンが排気音を大きくする言うとった」

「エンジニアに言わせるとアホか!やろな」

「いっそのこと電気自動車にして、エンジン回転数に合わせてV12でもV10でもスピーカーで流したらええやん」

「テレビでハイブリットが静かすぎるからってF1の走行音のするプリウス走っとたで」

「優しくメッセージを流すとか、他に解決法あるやろなんでF1なんやそんなんただのうけ狙いやんか、

だいたい歩いてる人の脇をスピード出して抜けるほうがおかしいわ最徐行すればすむことや」


「人優先やったのにいつの間にか“車”偉なったな」

「レースなんかにワクワクせんようになったんは“歳”も関係あるんとちがう?」

「そうかもしれん・・・・」




軍拡競争参入?

この前遊びに来てくれたKさんの“白いミニ”よかったなぁ!

自分もミニなのだがやっぱりインジェクションとキャブ(それもツイン)の差は大きい。

特にレスポンスと音。

電子デバイスが一切介入することの無い“素”のクルマは、

運転することの楽しさを痛烈に思い起こさせてくれる。

当然インジェクションのように雑な操作に対して寛大ではない。

ましてやミニである。

足の裏の皮膚にまで神経を集中してアクセル、ブレーキ、クラッチのタッチを確かめながら・・・。

楽しい!!!!!!!!


久しぶりにF1中継を見たバーレーンだったかな・・・・

レギュレーションの変更でV8からV6へ、排気量も2.4リッターから1.5リッターへ。

ターボで過給する省エネエンジンを15000回転上限で搭載。

素人にも排気量が少なくなり尚且つ排気側に過給用タービンを付ければ

“音”が変わるのは用意に想像がつく。

最初TVのボリュームが小さいのかと・・・

違う。

音が変わったんだ・・・「ブオーーーーーーーン」


まだセナがホンダに乗ってマンセルやプロストと丁々発止のバトルをしていたころ、

視覚に障害のある友達とF1の話題で盛り上がったことがある。

はっきり見えなくて楽しいのか心配で聞いてみたら・・・

「F1は音と匂いだよ!」

彼は何度も鈴鹿に足を運んだF1通。

8気筒、10気筒、12気筒

また同じエンジンを搭載していてもマシーンによって微妙な違い。

サポートしている石油メーカーの差なのか匂いの違い。

「フェラーリのV12サウンドは耳じゃなく全身の毛穴から入ってくる」
と彼は言っていた。

彼にとっては“音”がレースである。

クルマ好きの構成要素に音は非常に大きい。

そこでマニフロー
アクセルレスポンスの改善と抜けのいい音獲得のために、

マニフロー導入。











プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。