2CV【師匠の決断その2】

2cv_201406200928089fe.jpg
その後、

結局2CVは師匠の手元を離れることなく無事元の鞘へおさまることとなった。

師匠が2CVを手放すことが公になって師匠の身体を気遣う者や、

2CVの動向が気になる者達で一時騒然となっていたころ・・・

「2CV売るのやめ!」

師匠のこの一言で争奪戦の様相を呈していた“おめでたい面々”の熱は一気に冷めた。

体調もすっかり回復した師匠は、

持参した“エビス プレミアム ブラック”のタブを引き上げながらこう話始めた・・・・

「わし骨董品好きやろ、あるリサイクルショップで古い万年筆見つけたんや・・・・」

「それがそもそものの間違いやったかもしれんのや・・・・」

私も“エビス プレミアム ブラック”が飲みたかったが師匠が進めてくれないので、

自前の“キリンのどごし生”を開けながら聞いた・・・

「万年筆ですか?」

「そう万年筆や、中にインクを入れてペン先が金でだいたい・・・・・」

「万年筆は知ってます!」

「それは随分使い込まれていたわ、前の持ち主の名前が彫金してあったが擦れて読めんかったほどや」

その万年筆はモンブランの古いタイプらしくエボナイトのボディはまだまだ綺麗で師匠曰く、

“高そう”に見えたそうである。

「値段はタダ同然やったわ」

「ラックを探しに入ったんたけど一発で気に入ってしもて買って帰ったんや・・・」

結局書くことは出来なかったが、

でも気に入っていたので毎日手に取って眺めていたそうである。

「こんなことあるんかわからんけど・・・それから身体の調子がおかしくなってな・・・」

それで医者に行って検査したけれど原因がはっきりしない。

「医者は何かのストレスって言うんやけど、医者はええな二言目にはすぐストレスって言いおる」

で、ミッションのオーバーホールが迫っていた2CVに白羽の矢が立ったわけである。

「でもな考えてみたら2CVとの付き合いは20年やろ、原因が2CVならとっくに死んでる」

「かみさんにも言われて古いもの処分したんや、ゴミばっかやけどな」

気に入っていた万年筆も書けないので一緒に燃えないゴミの日に出したそうな。

「何がよかったんか急に調子よくなってな、あんまり古い物よくないんかもしれへんな」

師匠は残りの“エビス プレミアム ブラック”を持って帰っていった。



前にもらった古いペンケースを慌てて・・・

捨てた。



スポンサーサイト

これって普通?

岐阜のMがまだゴルフⅣのGTIに乗っているときの話。

ある朝いつもどおりエンジンをかけると・・・・

聞きなれない警告音とメーター内にSERVICEの文字。

気にはなったが時間がないのでその日はそのまま出社することにした・・・・

そのうちに止まるだろう。

よくあるセンサーの誤作動に決まってる・・・・と思っていたが・・・

次の日もまた次の日も

ピー・ピー・ピー・ピー・ピー・ピー・ピー・ピー・

さすがに無視もできず休みを取ってディーラーへ・・・・・・

平日他のお客はパラパラ、

カウンターで事情を説明すると・・・

昨日の飲み会ではしゃぎすぎたのか生気の抜けた幽体離脱したようなメカニックが、

ノートパソコンのようなものを持ってあらわれた。

「いりゃしゃいま・・・せ」

おざなりな挨拶の後ボンネトを開け先ほどのノートパソコンを車のコンピューターに繋ぐと、

なにやら操作してボンネットを元に戻しながら言った。

「5000円す」

ブチ!

切れた!

「わざわざ休みまで取って貴重な時間を使いここまで来てみたら、

いきなりパソコン繋いで、5000円?どういうことか説明しろ!」


ここで二日酔いも吹き飛び事の重大さに気がついたメカニック。

「あの~ですね、距離がくるとですね・・・コンピューターがですね、あの~」

もういいお前じゃ話にならん!責任者呼べ!」

この一部始終をパーテーションの影から注意深く観察していた男がいた。

おとめ座、血液型O型、

最近薄くなりだした髪が気になりつい手を頭にやってしまう、

家族4人と郊外で暮らす定年を2年後に控えた話術ではいささか自信のある店長は言った。

「まあまあお客さん、ベンツなら10000円ですよ」

ブチ!
火に油を注いだ

Mの堪忍袋が切れる音は4キロ四方に響き渡たった。

100mほど離れたアパートで一人住まいの、
無職 森田スミ子さん78歳がこの音に驚きあわてて外に飛び出す際、
スネをしこたま打って救急車で近くの病院に搬送された。


20年いや10年若かったらお前床にもんどりうって倒れとるぞ・・・・・と喉まで出かかったのを

ぐっと飲み込みMは尋ねた。

「それで?」

店長はフレンドリー作戦でいこう、
どんな厄介な客も私の話術にかかればイチコロ・・・・・と思った。

「お客さんのようにちゃんとメンテしとる人はええけどほったらかしの人もおるでね、
最近の車はある一定の距離になったら警告音で点検を促んだわ。」

「誰が頼んだ」

「いや~最初からコンピューターに組み込んであるでね、しょうがないんだわ」

フレンドリー作戦は、タメ口が夜中にゴソゴソ這い回るゴキブリよりも嫌いなMにはなんの効果もなく。

「分かった!ピー・ピー鳴る最初の状態に戻してもらおう!」

「最初にきちんと説明せんかったこっちのミスやでお金はええわ」

「元にもどせ!」

「だからお客さん無理なんで5000円はこちらで・・・・・・・」

「いいから元にもどせ!」




このあと店長は自分が今のポストまでこられたのはただのラッキーだったと思い知らされるのであった。

この話は少し大袈裟ですが本当です。


普段からメンテナンスをきちんとしている車好きからすると、ありがた迷惑な話です。

それとも今はこんなことで目くじら立てている方が“宇宙人”なのかしらん。
宇宙大作戦




プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR