スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライアンフ スピットファイア【私にスピットファイアをください!】

トライアンフ スピットファイア
「私にスピットファイアをください」

第二次世界大戦において壮絶な空中戦で有名な【バトル・オブ・ブリテン】

爆撃機の護衛を命じられたドイツ軍パイロット“アドルフ・ガランド”が、

必要なものはないか?とドイツ空軍元帥ゲーリングにたずねられた際、

航続距離が短く“一撃離脱”を得意とするメッサーシュミットBf109よりも、

旋回性能に勝れる敵機のスピットファイアが欲しいと言ったのはこれまた有名な話。

その【バトル・オブ・ブリテン】で制空権を守り抜いた、

救国戦闘機【スピット ファイア】の名前を受け継いだ

【トライアンフ スピットファイア】

意味を調べてみると、

「かんしゃく持ち」・・・・・?

同じく戦闘機に「スパイトフル」“意地悪”とか

戦艦に「テリブル」“怖い”なんて付けてしまうイギリス流ジョークか。

“垂れたお尻が好き”  「クルマの話です」

と言いましたが私もう一つ、

「ウエストがきゅーと締まったいい女にも弱い♪」  「ですからクルマの話です」

俗に言うコークボトルラインというやつですな。

ボンネットからのラインがドアに向かって大きく弧を描く、

そして今度は先ほどより小さなRでトランク向う躍動感。

このころのダイナミックな “ミケロッティ デザイン”

顔立ちもスッキリまさに【小股の切れ上がったいい女】  「くどいようですが、クルマの話です」

好きですね♪

ギアを1速に・・・アクセルを深く踏み込んで・・・・風が・・・・



「のぶちゃん、トラはやめとき」

「Sちゃんか?何でや?」

「トラは重いよって走らへんで、MGにしとき」

「ええやんかほっといてんかワシはトラが好きなんや!」

「けったくそ悪いやっちゃな人が親切に教えやっとるのに、それに自分花粉症やないか」

「空想の世界では花粉症じゃありません」

「それただの妄想やろ」

・・・・・・・・・。














スポンサーサイト

静かに歩み寄る恐怖

この日が来ることは、
冬の頼りない日差しに幾らかの力強さが戻ってきたときに分かっていたはず・・・

自分の力ではどうすることも出来ないもどかしさ。


すでに迎え撃つ準備は整っている・・・

しかし25戦0勝25敗の現実。

気持ちの整理もついている・・・

だが勝ち目の無い戦いに挑む絶望感。


奴は静かにしかし確実に忍び寄り、耳元でこうささやく・・・・


「旦那、鼻ムズムズしません?」


2015年度花粉症生き残り競争の幕が切って落とされた。

ガソリンスタンドで給油のときにオマケでもらった硬いティッシュなど目もくれず、

ひたすら当たりの優しい高級ティッシュの争奪戦が始まる。

触るなといわんばかりに、
箱に赤マジックで大きく書かれた“カミさん”の名前。

日に日にゴミ箱にはマッターホルンのごとき“白い山”が築かれ、

少しずつだが確実に家族に人格が変化が現れる、

ある者は凶暴に、またある者は廃人のごとく・・・・


これからの3ヶ月皆様にはいろいろとご迷惑お掛けすることになるかも、
そこでこんなマグネットステッカーを作りました。
花粉症には辛い時期ですどうぞこのステッカーを見たらご注意ご注意。

R0011937.jpg
「ほんまに往生しますわ」




















ミニ 【悪いこと言わないから、およしなさいミニは!】

ミニ
警告!
今ミニを人生の伴侶にしたいなどと浅はかなことを考えているそこのあなた!

悪いこと言わないから、およしなさいミニは!

もう一度よく考えてみましょうよ?

世の中にはいい車がいっぱいありますぞ!

格好よく、快適で、安全しかも低燃費な車があなたを手玉に・・いやもてなそうと待ってますよ。

ほらほら好きでしょ空調の行き届いた快適な広い室内・・・

ミニは夏暑い・冬寒い室内狭い油臭いしうるさいアル。

思うがままの加速、絶対的な安心感・・・・

思うがままの車庫入れ、15年前に生産終了絶対モデルチェンジの無い安心感。

他車を圧倒するディスチャージの鋭い眼差し・・・

「おい!危ないからいい加減ライトつけろよ!」

「さっきからつけとるがな!」

「暗!」

空気を切り裂くウエッジシェイプフォルム・・・

ウエッ・・・えっ何?

スパッと切り落としたようなコーダトロンカのシャープなテールデザイン・・・

papayoyoさんも大好きな“垂れ尻スタイル”♪

旅行用大型バッグも楽々飲み込む広いトランク・・・

旅行用大型バッグに楽々収まるミニ。

安心、ご近所を敵に回さないどれもよく似たデザイン・・・

間違えようのない可愛いカタチ♪

かかって来い!他車を圧倒攻撃的フェイスデザイン・・・

最初から“私やりません”のおとぼけフェイス。

鮮度長持ちマイナーチェンジまで2年の賞味期限・・・

もう56年このままやってます。

高速の王者遅い車をスイスイ・・・

路地裏の王者、自転車に乗った買い物帰りのおばちゃんや生意気な小学生もスイスイ。

黒にシルバーがアクセントのモダンな室内・・・

H・G・ウェルズの映画“タイムマシン”のような、皮と木とメッキが織り成すクラシックな室内。

頭上に迫る広いグラスエリアが作り出す開放感・・・

他では味わえない小さな丸い窓に切り取られた遠く見える日常の風景。



どうです?まだミニにします?

悪いことは言わないから、およしなさいミニは。








プジョー205GTI【ヨーロッパ車って車名紛らわしいくないです?私だけ?】

205.jpg
プジョーのリクエストに403のカブリオレを出してきたら・・・

「おまえ、プジョーといったら普通306か205だろ!
俺なんかコロンボが乗ってたのはブログ見るまでずっとボルボのアマゾンだと思っとったわ!」

Mからメールが来た。

車好きでも無い限り306・205以前のプジョーは印象に薄く。

試しに「306・205の他は?」と聞いてみると、

「ん~309とか・・・・・・」


【私の大好きな505や104などいい車があるのですが】

如何せん絶対数が少なく見かける機会がほとんど無い。

そこへ持ってきて、【数字 0 数字】の車名が覚えにくく・・・・

この前も、

久しぶりに“姫”に電話をする機会があって・・・・


「姫元気?」

「元気!元気!皆は?」

「元気だよ!Hがパンダもタバコも止めた」

「へぇ~ヘビースモーカーだったのによく止められたねぇ 偉い!
でもパンダ無くなっちゃったんだ寂しいねぇ、
よく似合ってたのに」

「だね!ところで205も元気?【ここでもう間違えてる】」

「205?207だよ」

「えっ 207に変えたんだ?」

「前から207あっいや206か えっ205・・・変わってないよ、とにかくプジョー」


ポルシェ911が当初は“開発ナンバー901”でそのまま出す予定だったけど、

プジョーから横槍が入って“911”に変更した話を聞いたことがある。

もし911が901になっていたらますますややこしいことになっていたかも。


ところで姫の車は206です・・・いや205?

前は確か5だから4?

まてまて4はルノーだろ・・・・

小さいから106・・・・・・・・106はSか

どっかに写真あったよなぁ・・・・・

ええっと・・・・・

・・・・・・・・




プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。