スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーバード410【Biue Bird 410】白いシートカバーと石鹸の匂い

ブルーバード410
私なにを隠そうこう見えても幼少のころ病弱でした。

大好きなヒロシ君やタカシ君やサトル君と・・・

「次はかくれんぼやろ~ぜ♪」

「おぉ~!」

夢中になって夜遅くまではしゃぎ回っていますと・・・

夜それも遅い時間決まって熱を出す人騒がせな子供でした。

自宅に電話も無い時代です車なんかあるわけない、

深夜にお隣に伺い電話を拝借するわけです(スイマセンね)

でタクシーに来てもらうわけですね。

私といえば高熱にうなされているわけなんですが“クルマ好き”としましては、

タクシーが気になるんですね。

そのころは“コメキタクシー”さんで、

丁度近鉄電車の車両のような濃い臙脂色のブルーバード310かコロナがやってくるんですが・・・

その日は出たばっかりの【ブルーバード410】でした。

ピカピカの“410”を見て熱でとっくに飛んでしまっている頭が完全に昇天してしまいました。

外灯に照らされる優雅なラインが何ともいえず素敵でフラフラとパジャマ姿で見とれていると・・・

リヤシートに放り込まれました。

「中村医院へお願いします」行く先を告げる親の声を遠くで聞きながらバネの利いたシートに顔を伏せると・・・

小さなフリルの付いた真っ白なシートカバーが熱で火照った顔に冷たく、

微かな石鹸の香りも爽やかでその後にやってくるであろうお尻の痛みを忘れさせてくれました。

尻下がりのデザインが不評で人気はいま一つの“410“でしたが、

私はピニンファリーナの“410“が大好きでした。


【ブルーバードの車名はメーテルリンクの童話「青い鳥」にちなんだもので、
日本の小型乗用車の決定版であり世界が求める希望の青い鳥であるようにとの願いをこめて命名されました】





スポンサーサイト

どこへ行くニッサン!

「やっちゃえNISSAN」

「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」

その後車が一糸乱れず列車のように通り過ぎてゆくCMを見て、

【ディストピア映画】の一場面のように寒いものを感じた。

この辺のような田舎では高齢になっても自動車を運転する必要があるため、

自動運転車は意味のある乗り物であると思う。

しかし法律的な問題など解決していかなければならない項目は山積みのはず。

「やっちゃえ」

で進んでいっていいのか?

議論が苦手な国なので
【人の上げ足をとるのは上手】

大事なことが十分議論されずにズルズル進んでゆく。

「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」

確かにそう思う。

でも誰が自動運転車を望んでいるんだろう?

少なくとも私の周りには誰もいない。

最近自動ブレーキや自動ライントレースやら“自動”の文字が目に付く自動車業界。

そんなもんは【縁の下の力持ち】いざというとき・・・

「よかった!そんなの付いていたんだ」

が正解でわざわざ【こんなの付いてます】声大きくアピールするものじゃない。

“自動”が意味するのはより安全であるはず売るためのファッションになってないか。

人間すぐ慣れる“自動”の上に胡坐をかくようになる。

それよりも高齢者や子供を見つけたら自動的に徐行する装置とか、

健常者がどうやっても身障者専用駐車場には駐車できない装置とか、

ウインカーも出さず車線変更をすると警報音が車内に鳴り響くとか。

運転技術や運転マナーの向上の方が安全につながるように思うが。

z.jpg
久しぶりにZを見た。「かっこいい」

「気づけ!NISSAN」








シトロエン2CV【Citroën 2cv】燃える世界

2cv_201509021428216eb.jpg
少し前J・Gバラードの書いた“燃える世界”が現実になってしまったかのような暑い日が続いていたある日曜日。

することもなく露出オーバーで白飛びしてしまったような外の様子を見ながら本気で“燃える世界”を探してもう一度

じっくり読んでみようかと思っていたとき。

聞き覚えのある不整脈が混じった独特のエンジン音が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?

ん師匠?

程なくして私の師匠で【ほったらかし教】の教祖であらせられるY氏の登場である。

「師匠お久しぶりです。うわ暑!」

窓を開けてあまりの暑さにビックリ。

「今から白子までドライブじゃ」

「この暑いのに大変ですね」

「お前も行くのに大変は無いだろ」

?」

「私も行くんですか?2CVで」

もとより他人の都合なんか気にするような器の小さい人ではない。

「先方のわがままで今日になってしもた」

「聞いてないし」

時間が無いとかで急いで2CVに乗り込んでみたけれど・・・・・・・・・・・・暑い

全ての窓を開け放ち風を入れてもまさしく“燃える世界”。

気を紛らわそうとしてもラジオも無いし、

隙間という隙間にはレシートやら伝票が詰めてあって風で凄い音たててるし床は・・・床には・・・・・・・・


汗が滴り落ちるし背中はビタビタ。

「師匠あんまり汗をかいてませんね」

「背中と腿を交互に浮かせ風を通しておる」

あんたは砂漠のトカゲか!

「師匠右のライトがグラグラしてますけど?」

「明るいうちに帰れるから大丈夫じゃ」

帰りは夜になった・・・。

帰りは私が運転した。

グラグラのライトではさぞ運転しにくいんじゃないかと気をもんだけど心配はいらなかった随分前から切れているらしい。

暑さと慣れない2CVの運転でくたくたになったけどなんとか無事帰還。




「デミオにすりゃよかったな」

師匠は帰っていった。





プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。