ムルティプラ【FIAT MULTIPLA】ぶさいく?でも大好き♪

ムルティプラ
よほど口が上手いのか、会長の孫を嫁に貰ったか、社長の命を2度ならず助けたか・・・

“ムルティプラ”を始めて雑誌でみたとき思ったのは・・・

「かっこ悪!」

デザインの仕事を長い間していますが、まあ~自分の一押しのデザインは採用されないもんです。

いくつかの案を作り一番気合の入ったデザインと数合わせでこさえたデザインを持って企画会議へ・・・・

(どうか青い方のデザインが採用されますように!!!!!!!!!!)

「赤いタイプいいね♪」


『あほか!青い方にきまっとるやろ!目どこについてんねん!』


だいたい数合わせで作ったデザインが採用されるパターンが多い。

そんなもんです。

「やっぱり赤い方ですよね」

自分でも赤薦めたりして・・・


まあ商売ですから、スポンサーさんが喜んでくれればいいわけですけど・・・・

『ああ~好き勝手やりて~』
と思うわけです。

で、“ムルティプラ”

デザイナーが好き勝手やった【なんやこのデザイン】

一つの案として出ても日本なら・・

「君!何考えとる、もっとこうなんか消費者にグッとくるデザインは出来ないもんかね!」

「機能なんかどうでもいいんだよ、ようは見てくれだよ、見てくれ!」

即ボツ。

このデザインで生産しようと判断した上の人の器の大きさがすごい!

さすがイタリア!

興味津々で輸入早々の“彼女”をディーラーへ見に行った。

意外に大きく写真で見るよりもずっと“かっこ悪い”

全体を眺めていると・・・

「あの~試乗します?」

やる気を全身から一滴のこらず絞り取ったパサパサの営業マンから声がかかった。

「乗ります!」

乗ってビックリ!着座ポイントの好さ、死角の少なさ、ハンドル・シフトその他操作系の的確な位置。

イタ車もの持ち味軽快な走り、いささかうるさいけどいい音で回るエンジン・・・・

すばらしい実用者。

ソフト面のいいところが次々見つかると不思議と“かっこよく”見えてくる。

初代ムルティプラも横から見たらどっちが前か後か分からないデザインだったっけ。

イタリア人としては当たり前の性能を当たり前のカタチで表現することに我慢ならなかったんだろうな。

カタログを貰ってきて皆に勧めたけど・・・・。

乗らないと分かんないだろな。













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR