スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトビアンキ・ビアンキーナ【おしゃれ泥棒】

ビアンキーナ
この時期何の心配もなく外で快適に過ごしおって。

「俺は冬男や!身が引き締まる冬こそ男の季節や!」

なんて言ってたことはころっと忘れて。

「いや~春は気持ちいいね~俺春が一番好きやな」

などとのたまい挙句の果てに・・・

「松岡はどうや?」

「あっ花粉症か?大変やなぁ俺も花粉症になってみたいわへへへ♪」

知ってるくせに非人道的な発言を繰り返していたSも、

晴れて十界の最下層である“花粉地獄”にめでたく落ちた。


「いらっしゃい♪」


明らかな症状が出ているにもかかわらずそうと認めない往生際の悪いSに向かって・・・

「どうや花粉症になった感想は?よかっだな長年の夢が叶っだな♪」


言ってやった!

詰まっていた鼻がスーと通ったような気がした。

【ぜんぜん通ってない】


花粉もピーク、症状もピークということでおんもで遊ぶこともままならず、

もっぱら休日はDVDをひっぱり出してお家で映画。

沢山あってもいざ見ようと構えると見たいものは以外に無いもので・・・

題名を見るとストーリーが浮かんできて見た気になってしまう。

あれやこれや探しているとふと目に留まった  【おしゃれ泥棒】

「へぇ~こんなのあっだんだ」

映画の中でピーター・オトゥールの乗る黄色のジャガーEタイプも魅力的だけど、

小さい車が大好きな私には・・・

【アウトビアンキ・ビアンキーナ・カブリオレ】これ!

真っ白なジヴァンシーで真っ赤なオープンカーを乗り回すオードリー・ヘップバーン。

“ローマの休日”でベスパを恐々運転するオードリーもかわいかったけど、

ビアンキーナに乗るオードリーは綺麗。

夢中で見終わるころには不思議と鼻がスッキリしていた。

オードリーの清涼効果かも。

よし次は泣いてスッキリ

【火垂の墓】か!













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

RRですか~、このクルマ。
楽しい時代だったのでしょうね~、60年代。

No title

ご明察どうりRRです。
2代目500のエンジン・シャーシをそのまま流用しています。
ちょっとお洒落したチンクってとこでしょうか。

今のクルマはただ移動手段の一つですが、
この当時のクルマは夢であり相棒であり、
かけがえの無い伴侶だったでしょう。

60年代クルマが一番輝いていた時代のように思います。

No title

この映画でのアウトビアンキ・ビアンキーナ・カブリオレ、ヘプバーンと同じくらいキュートな存在感ありますよね。私もまたDVD観ようっと。
ところで、ヘプバーンのフルCGが使われたチョコレートのCMご存知ですか?あまりの完成度の高さに驚かされた次第です。そのうち、鬼籍に入られた俳優の新作映画が作られる時代が来るかもしれませんね。もう何がリアルで、何がフェイクなのかわからなくなりました。
http://gigazine.net/news/20130301-audrey-hepburn-vfx/

No title

CM見ました。
オードリーを知らない若い世代が見たら実写だと思うかも知れませんね。
ただ私は凄いなぁと思う反面、
悲しいような寂しいような複雑な気分になりました。
プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。