アルファロメオ 2000 スポルティーバ クーペ【Alfaromeo 2000 Sportiva Coupe】

2000 sportiva coupe
アルファロメオ 2000 スポルティーバ クーペ。

車名を声に出してみると巻き舌が心地よい響き♪

アルミボディ、スペースフレームシャ-シー、ドデオンアクスル、クルマ好きにはたまらない単語の数々・・・

そして何よりもそのカタチ。

あのアルファロメオ史上“もっとも美しいクルマ”と形容されたティーポ33ストラダーレをデザインした

ベルトーネ時代の“フランコ・スカリオーネ”さんの作品。

あのミニよりも古い1954年生まれ。

セダンやミニバンに比べると自由な線が引けるだろうクーペだけど、

複雑なプレス、モールの使い方、一つ間違えると“うるさいデザイン”になりそうなところを絶妙なバランス。

フィンの先に着く小振りのテールランプ。

イタリア製スーツのポケットのように何も入らない小さなトランク。

(容量なんか端っから気にしてないトランクリッドのカタチなんだろうねぇ♪)

Eタイプに似ているようでそれよりも遥かに妖艶なボンネットのライン。

遊び心を感じさせるちょっと先を曲げてみたモール・・・・・

60年以上前に流体力学まで考慮してデザインされたアルファロメオ 2000 スポルティーバ クーペ。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR