ラダニーヴァ【Lada Niva】師匠家にぶどうを届ける・・・・

ladaniva.jpg
いつもこの時期になると(9月の話)Sからぶどうをもらう。

なんでも親戚が福島でぶどう園をされているとか・・・「いいなぁ♪」

捥ぎたて【ここ大事!】の巨峰やよーわからん種類の(名前は分からないけど美味しい!】ぶどうが届く。

「いいなぁ♪」

で、よく家に持ってきてくれる。

「ラッキー♪」

持つべきものはぶどう園をやってる親戚がある友達である。

「あとリンゴ園やナシ園そうだ蛎の養殖をやってるとか、冬はミカンもいいなぁ♪」

【果物じゃなくそのうち閻魔大王から招待状が届く死んだら強欲で地獄行き間違いなしである】


今日はいつもお世話になっている(お世話してるのかも・・・・)師匠家へぶどうのお福分けに来た・・・・


「師匠お元気ですか?ぶどう持ってきました・・・・・師匠?」

「今しがた車でどこかへいきましたけど」

「あ!奥さんこんにちはお世話になってますあの頂き物のぶどう持ってきました」

「まあ!ありがとうございます♪すぐに帰ってくると思いますので上がってお待ちください」

「ありがとうございます。あ!帰ってきたみたい・・・・・ン 2CVの音か?」

「おお来とったか」

「師匠これは・・・・・・・・・・・・ラダ?」

「そうラダニーヴァじゃ♪」

「2CVの代車ですか?」

「あほ!どこの世界に2CVの代車にラダニーヴァ出す車屋がある」

「2CVをこれに変えるんや♪」

「えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええっえ!」

「嘘でしょ?」

「わしは嘘と坊主の頭はゆったことがない!」

「いやいつも嘘ばっかやしずっと歳ごまかしてましたやんか」

「このクルマのデチャーパアングルは凄いぞ!走破性は最高や!」

「相変わらず人の話聞いてないなぁデパーチャアングルでしょ?言えてないし。
師匠の口から走破性なんて言葉が出てくるなんて悪夢やわ」

「悪夢は今までこのクルマを知らずに生きてきたことや」

「ラダのどこがいいんですか?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「ほら言えない」

「昔乗ってたクルマに似てるんや」

「どのクルマですか?」

「スバルのレオーネ・エステートバンとCX」

「レオーネ乗ってたんですか?CXはシトロエン?エンジンも直列と水平対向だしスバルはハイドロじゃないし・・・・」




このあと師匠は奥さんにこっぴどく怒られラダを返しにいきました。

なんでも2CVのオイル交換にいったらラダニーヴァがタイヤ交換で来てて、

店裏の急斜面を助手席に乗せてもらって登ったらスイッチが入ったらしい。

ボンネットを開けたら昔乗ってたレオーネやCXのように、

エンジンの上にスペアタイヤが乗ってて懐かしくて欲しくなったらしい・・・・・





「師匠・・・・・・・・」















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おおーっ、ラーダ・ニーヴァときましたか。師匠の感性、好きですねえー。
私も以前、ラーダ・ニーヴァに興味を持った時期がありました。UAZ452とかロシアのクルマ、自動車が白物家電化した現在、ちょっと懐かしい道具感がなかなかそそられます。エンジンの上にスペアタイヤ、わかりますよ(笑)
http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/blog-entry-111.html

No title

「クルマのライトは丸いほうがええ。
パワステもパワーウインドゥもいらん。
当然キャブが付いてなきゃいかん」
そんなですからラダ・ニーヴァは師匠の心の琴線に触れたのかもしれません。
(ラダ・ニーヴァいまでもそのまま作っているんですねビックリです)
結局師匠は2CVです。
似合ってますし、2CVも師匠のことが好きみたいですから・・・・


プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR