スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワズ?

uaz.jpg
最近とんと外国車、国産車とわず新車に興味が無くなってしまった。

車単体では魅力的でもその車に乗った人達のイメージが湧かない、

どこかよそよそしいデザインが多い。

コンピューター上でデザインが進められるようになると、

無駄の無い綺麗な線はいくら引けても温かみのある形にはならない。

車に温かみだとかイメージなんか求めていることがすでに“時代遅れ”なんでしょう。

車はすでに家電なのだから。


そこで久しぶりに触手を動かされる車発見UAZ(ワズ)生まれはソビエト連邦、

1958年生まれ、先代ミニとかみさんの一つ年下。

誕生してから今日までこれと言った改良もなく(ここはかみさんと一緒)、

53年間ロシアや東欧の人達の頼れる足として活躍?している。

パワーの付く物は一切無く。

輸入してみえるサイトを拝見すると最新モデルはパワステ、エアコン廃止って書いてある。

潔い!

連日40度を超え、来年あたり自宅の庭でマンゴーやパパイヤが育ち、

恒例の盆踊りもフラダンスにするとかしないとか、

実際夏は沖縄の方が断然涼しい中部地方ではエアコンは欲しいとこではあるが。

その憎めない“ガチャピン”のような顔を見てると許せてしまう。

それにテープ一つでその日のやる気をアピールできるのもuazやる気
セールスポイント!

欲しい!皆反対するだろうなへへへへ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ロシア

連日のお邪魔虫です。
ワズ、来ましたね。
ロシアの自動車は面白いです。東欧(ダチア)とかも。
私も以前、このワズとラーダ・ニーヴァというクルマに惹かれました。
今の先進国の自動車が失った何かを持っている気がします。
ただ、自分で車の修理ができる人しか所有できないでしょう。

Re: ロシア

いらっしゃい!
以前に書きましたが私もシュコダとか東欧の車に凄く惹かれますね。
古いだけなのかもしれませんが今のクルマには無いロマンスありますね。
ラーダ・ニーバは大昔に友達が乗っていました、124ベースのためかパンダに似てましたね。
遊びに来ては家の前の堤防を豪快に上り下りしてました。
どんなデコボコでも簡単に走破してしまう見かけと違うタフな車なのに、
スパルタンな内装のハンドルスポーク部分に花柄の模様が入っていたのを見たとき、
グッときて真剣に購入を考えた時期がありました。
(結局物が無くてエスクードになりました)
プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。