久しぶりにミニをいじる(ライト交換)

ワイパック
長い間の酷使でキズや曇りが出てきた標準の“ワイパック”

機能的には不満はないんだけど・・・・

目が死んでる。

そこで英国製の“ルーカス”に交換。(ワイパックも英国製らしい)

簡単でつまらないので作業経過は省略。左ルーカス
左が交換した“ルーカス”・・・・どう?

やっぱり死んでる。

表情に劇的変化なし。

でも横から見ると・・・

ルーカスアップ
AカップからCカップへ

点灯してみると“偉大なる闇の帝王”と賞賛を浴びた“ルーカス”だけど・・・

意外に「明るい!」

これは配光なんてなものは気にせず光を一点に集中するという離れ業の産物。

でもこのライトの真骨頂は

スモール点灯したときが、

点灯
綺麗!

黄昏の小雨降るマンチェスターあたりを流すと雰囲気かも。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまですっ、

目がぱっちりして、美人になったかも。
お~、スモールが淡くて渋いっ、
トワイライト、マイアミ、サンセット、カリビアン、
ホテル・カリフォルニア、って感じです。
って、どんな感じやねん。

マンチェスター、
れんが造りの工場から、
こんなライトがくるりと回って出てくると風情です。

Re: お疲れさまですっ、

光あれ、そして光があった。

ヘッドライト一つで表情が変えられるはミニの特権ですね。

A112で使ってたキャレロが車庫のどっかにあるはずだけど・・・・。

早速捜索開始!

次はキャレロでローマ気分。
プロフィール

松岡信男

Author:松岡信男

松岡信男イラストギャラリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR